fc2ブログ
  
手作り味噌。
  
harumi.jpgハワイの達人takakoさんからいただいた栗原はるみさんの本を参考に手作り味噌にチャレンジすることにしました。日本に行く前にこれまたtakakoさんから麹を持ってきていただいて、ようやく翻訳の仕事も一段落した今日、作ってみることにしました。用意するものは大豆、粗塩、麹というとても単純な材料。

miyakokoji.jpgtakakoさんから持ってきていただいた「都こうじ」。大豆3キロに対して、この米麹6パック必要。大豆3キロはちょっと多いので半分の量で作ることにしました。半分の量でも大変だった…いただいた3パックで十分でした!さすが味噌作りの経験アリっていうのは強い見方です。


miyakokoji2.jpgこれが麹です。30年近く生きてきて初めて手に取りました。手で触っても見掛けもボロボロしていますが、よーく見てみると綿のようになっているところもあります。麹のパッケージを見ていたら、これでイカの塩辛もできるということ。そうかー、塩辛も甘酒もできるのかぁ、とちょっと感動。






seasalt.jpg粗塩と大豆は自然食品店DownToEarthで購入してきました。これはイタリアの塩。よく見てみなかったため、あっさり岩塩買ってしまいました。そのまま使っちゃったけど大丈夫かなぁ…これまで豆腐も納豆も作ってきて分かったことは、大豆が美味しければ仕上がりも美味しい、という単純なこと。素材にはこだわらないといけません。DownToEarthには大豆を買いに行ったのに、またまた見たことのない雑穀類があったので数種類購入。Rye Berry(ヌカ付きライ麦)やコーンミール数種類、まだまだ美味しいコーンブレッド追求の道は続いています。








grinder.jpg大豆を2時間くらい茹でて(鍋3つ総動員!)、フードプロセッサーで挽きます。フードプロセッサーがなかった昔なんて、これをすり鉢とすり棒で挽いていたのかと思うとものすごい労力です。フードプロッセッサーでも大変でした。ちなみに私のお気に入りのクィジナートのフードプロセッサーです。もうちょっと大きなグラスも付いていてミキサーとしても使えるし、別の部品を付ければキャベツの細切りもラクラクです。

misomaru.jpg潰した麹を塩と混ぜて、ペースト状にした大豆と混ぜ合わせます。全部が入るボールなんかない…と思っていたものの、うちには直径50cmのケーキ型があるのでこれで用が足せました!全部混ぜ合わせて、ボール状にして、密封容器に空気を入れないよう投げつけるようにして大豆ペーストを引き詰めていきます。意外にも大きい容器2つに入ってしまいました。

misoyoi.jpg表面に残りの塩を振って、ラップ等をかけて、上に重しをのせます。待つこと約1年。栗原はるみさんの本には「美味しくできるから沢山作っても大丈夫」と書いてあったから信じたいものの…この暑いハワイでちゃんとできるかどうか心配。つい最近もまた天然酵母作りに失敗。美味しくできますように!

スポンサーサイト



   


プロフィール

kane

  • Author:kane
  • BB Hawaiian Cafeへようこそ!

    日記は下のBB Hawaiian Cafe Diaryリンクからどうぞ!
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
カテゴリー
ネコリョーシカとあそぼ~!
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
星が舞って消える
リンク
ブログ内検索
RSSフィード