fc2ブログ
  
宮保雞球 (Kung Po Chiken)
  
地元カイムキ地区の商業を発展させるために(?)結婚式のケータリングでお世話になって以来、常連客となってしまったKaimuki Chop Suey(カイムキ・チョップ・スイ)。チョップ・スイとは19世紀に流れ込んできた中国移民がアメリカで作り始めた料理で、大方野菜炒めや野菜の含め煮を指します。料理する気がないとき、惣菜購入目的でKCS(長いので略することにします)へ赴きます。基本的に私は野菜がないと生きていけない体質なので、必ず「野菜が入っているか」を確かめます(入ってなくても追加料金で入れてもらう)。約100種類品目あり、全部試してみたいところですが、同じ味のものも多いはずなので(例:Boneless Chicken with BroccoliとBoneless Chicken with Snap Pea等)、その辺はパスしてリチャとともにレポートしてみたいと思います。ちなみに野菜増量と注文した場合は、タマネギ・ニンジン・ピーマン・シイタケ・フクロダケ・ヤングコーン・サヤエンドウ…この辺りの野菜が在庫によって入れられます。また、大抵Cake Noodle(ケーク・ヌードル…固焼きそばのこと)を追加で注文しています。

クン・ポー・チキン。$6.5くらい。宮保とは古代中国の官位のことですが、その官位にいた人がこの料理法を考えたらしく、ニンニクの風味を生かし、タカの爪で甘辛く炒めたもの。メニューにはSpicyと書かれていたものの、全くピリ辛ではありませんでした。またBlack Bean(この場合、豆豉)が入っているのを発見し、豉椒雞球(Boneless Chicken with Black Bean Sauce)というメニューと間違ったのか疑いそうなところですが、野菜追加したために味がぼやけてしまったのかもしれません。リチャによるとWater Chstnuts(クワイ)とピーナッツのシャキシャキ感がいい、ということです。
スポンサーサイト



   


プロフィール

kane

  • Author:kane
  • BB Hawaiian Cafeへようこそ!

    日記は下のBB Hawaiian Cafe Diaryリンクからどうぞ!
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
カテゴリー
ネコリョーシカとあそぼ~!
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
星が舞って消える
リンク
ブログ内検索
RSSフィード