fc2ブログ
  
念願の天然酵母パン。
  
横浜にいる妹にリクエストして送ってもらった天然酵母でパン作りにチャレンジしてみました(わざわざ送ってくれてありがとね!)。納豆・カスピ海ヨーグルト・チーズと発酵食品を作り続けているものの、天然酵母作りだけは失敗の繰り返し。作りやすいと言われるリンゴや干しブドウで何回も試作し、恐らく酵母自体はできたんだと思います(発酵過程でしっかりアワがぶくぶく出てきて、独特のアルコール臭も発生)。ただ、パンに入れるとパンができない!最終的には妹にお願いして送ってもらったのでした。明らかにパンの消費量は断然多いからパンの種類も豊富だろうと思われるこのアメリカ(ハワイ)において、天然酵母パン、って聞いたことがありません。以前に日本人経営の天然酵母パン屋さんがあったのですが、値段が少し高めだったせいか閉店となってしまいました。自然のあの甘みが懐かしい~と思いつつ、送ってもらった天然酵母を利用して、bread makerのレシピ通りに作ってみました。

naturalleaven1.jpgまずは天然酵母以外に、強力粉・塩・砂糖で作るものです。今回は塩はHawaiian Salt(ハワイアン・ソルト)、砂糖はHawaiian Cane Sugar(ハワイアン・ケイン・シュガー…きび砂糖のこと)を使用。この酵母は予備発酵させる必要があり、bread makerの生種モードでちょうど1日かかります。外に置いておいても発酵すると思うのですが、初めから失敗したくなかったので、素直にレシピに従いました。油も使ってないのに、ふっくらモッチリと仕上がりました。かなり弾力もあります。アメリカのレシピはよく、しっとり感を出すための油分としてバターを初め、サワークリーム、果てにはマヨネーズを入れることがあります(本当です)。以前手作りケーキをもらって本当にシットリで美味しかったのですが、ケーキ(ホール)に2cupのマヨネーズを入れたと後で聞いて、おぇ~っと胸焼けがした覚えがあります。余談はさておき、生種を1週間で使い切らないといけないので、次回はバター風味豊かなブリオッシュあたりに挑戦してみようと思います。


naturalleaven2.jpg
今もあるのかわかりませんが、天然酵母パンの始まりは母が天神岩田屋の地下にあるパン屋さんで「麹屋」のパンを買ってきたこと。その後学生時代に西陣岩田屋の麹屋に通いつめていました。素朴で自然の甘みのあるコッペパンが美味しかった覚えがあります。ネットサーフィンしてて、発見…Bivi福岡の中に麹屋があるとのこと。何と新しい建物が!福岡の街は刻一刻と変化しています。次回帰国した際が楽しみです。
スポンサーサイト



   


プロフィール

kane

  • Author:kane
  • BB Hawaiian Cafeへようこそ!

    日記は下のBB Hawaiian Cafe Diaryリンクからどうぞ!
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
カテゴリー
ネコリョーシカとあそぼ~!
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
星が舞って消える
リンク
ブログ内検索
RSSフィード